2013年03月13日

今週末は石部の畦きり

やっと暖かくなってきました。
石部の棚田もいよいよ始動!

まず今週末は畦きり作業・・・・3月16日(土)〜17日(日)
皆さんのご参加をお待ちしています。

01_Ishibu2013_Azekiri (1)のコピー.jpg

http://www.facebook.com/ikuo.kamikubo#!/photo.php?fbid=500827736641287&set=a.398294246894637.92290.398036483587080&type=1





posted by tanadanetwork at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2013年03月06日

畦切り

やっと温かくなってきましたね。
伊豆の河津桜はもう満開だそうです。

石部棚田・・・
シーズン開始を告げる畦切り作業を行ないます。
3月16日〜17日 参加費1,000円
http://www.tanada.or.jp/2013/02/10/ishibu20130316/hukuden2_1.JPG
写真は前年の春イベントから
posted by tanadanetwork at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年11月01日

西伊豆/今シーズン最後のevent

今日から11月・・・暖房が恋しい季節になって来ましたが、イベントのご案内です。
西伊豆はいいところ!

棚田がきれいです。
おいしい新米と郷土料理が食べられます。
温泉にも入れます。
富士山も見られます、多分。
ついでに、晩秋の棚田でコンサートもお楽しみいただけます。

今シーズン最後のイベント
みなさま方の参加をお待ちしています。(kamy)

◆復田チャレンジ! 【終了】3月4日(土)・5日(日)
◆畔付けチャレンジ!【終了】4月28日(土)・29日(日)
◆田植えチャレンジ!【終了】5月19日(土)・20日(日)
◆草取りチャレンジ!【終了】7月7日(土)・8日(日)
◆草取りチャレンジ!【終了】8月25日(土)・26日(日)
◆稲刈りチャレンジ!【終了】10月6日(土)・7日(日)
新米を食べる会 11月11日(日)
天日乾燥されたごはんの試食会です!
ishibu_kuwa.jpg
写真は稲刈り時の「龍の舞い」kuwakuwaさん撮影

posted by tanadanetwork at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年10月09日

石部の稲刈り

10月6日〜7日石部稲刈りがおこなわれました。

さわやかな3連休・・・駿河湾を見下ろす西伊豆の石部棚田で稲刈りです。
一日目は暑い暑い中での稲刈り、でも流す汗はここちよいものでした。
初めて参加していただいた皆さんもすぐ打ち解けての共同作業。
二日目は早朝かなり激しい雨で目をさましてしまいましたが
作業開始の9時には雨はあがりました。

ここの棚田はいいな〜
早めに終わったオーナーさんが私たちの持分の棚田を手伝って
くれたし、二日目11時ごろに私たちの体験田の作業が終わると、こちらの若手
グループが終わってないオーナーさんのところへ馳せ参じました。

携帯電話で撮影した写真を数枚紹介します(kamy)
DSC_0123.JPG

Round_DSC_0115.JPGDSC_0117.JPG
12時過ぎから開かれた全体ミーティング(左)
オーナーさんを前に挨拶するのは地元推進委員会の高橋周蔵さん、役場職員ももフル動員
二日間の参加者は約400人だそうです。棚田ネットワークの作業開始ミーティング(右)

DSC_0124.JPGDSC_0127.JPGDSC_0114.JPG
ハサ掛けに設計ミス?(左)二日目の稲刈り・・終盤です(中)テレビ局も取材に(右)

関連記事
http://www.ishibu-tanada.com/index.html
http://www.facebook.com/tanadanetwork

posted by tanadanetwork at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年10月05日

石部棚田、草刈りの振り返り

こんにちは!ウッチーです。
今日はまた暑くなりましたね・・・
明日からの三連休は、日本各地で稲刈りや収穫祭等のイベントが行われるようですね。
私も、初めての棚田での稲刈りに参加する予定です☆
その模様はまた後ほど・・・。

ところで、明日から静岡県松崎町の石部棚田でも1泊2日で稲刈りが行われます。
明日からのイベント写真は、参加予定のkamyさんにお願いするとして、
稲刈り前に、前回の草刈りの様子を写真で振り返ってみましょう!

前回の草刈りは、2012年8月25日、26日に行われました。


isibu0.png
青々とした、夏の石部棚田全景

isibu2.png isibu1.png
ベテランの先生に教えてもらいながら・・・

isibu4.png
棚田の畦を綺麗にしていきます

isibu3.png
ちょこっと休憩中

isibu5.png
驚いたのが、若い女性の参加率!
皆真剣に頑張ってました

isibu6.png
バックの海がとても綺麗です


きっと今頃は見事に黄色く染まっているのでしょうね。
明日からの稲刈りに参加される方、頑張って下さいね!
posted by tanadanetwork at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年08月31日

石部棚田の草刈

石部棚田の草刈り作業
8月25日(土)26日(日)に行われました。

常葉大学生たちとの協同作業で総勢約80名、広い
棚田の畦もすっかりきれいになったそうです。
暑い暑い中での草刈りお疲れさまでした。

また西伊豆は夏休み・海のシーズンと重なり激しい
渋滞に巻き込まれ帰路は大分遅くなってしまった
とのこと。
お疲れ様でした。
画像はコチラでご覧に下さい。





posted by tanadanetwork at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年05月28日

石部田植え(オプション編)

石部棚田の田植え1日目が終わりました。
さてさて・・・・
夜はお楽しみの棚田の灯り祭り
そして
次の日は・・・田植え組とオプションツアー組みに!
西伊豆「松崎町」はいいところ
  棚田あり・・山あり・・海あり・・漁港あり

11DSC_0111.JPG

1日目の終了ミーティング
左端のスカイツリーAさんと右側腕組みのBさんがこのプロジェクトXの仕掛け人
22田植え終了.JPG

棚田の灯り祭り・・・チョット遅めの見物となったためろうそくが消えちゃったり、
風で消えちゃったり。・・・・初めての灯り祭りにしては上出来。
2晩目はバッチリだったようです。・・・その画像はこちら
33DSC_0113.JPG

棚田の隣の集落・岩地の大漁祭りが2日目に行われました。
町長さんを先頭に町のイベントが2日連続。
44DSC_0123.JPG 44Iwachi_19.JPG
次回の石部は石垣棚田の草刈です。
お楽しみに(kamy)

posted by tanadanetwork at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年05月21日

田植え(前篇)

快晴の石部棚田!
棚田ネットワークの田植えイベントが開かれました。

今日の「富士山」は恥ずかしがって顔を見せてくれませんでしたが
駿河湾を行き来する船を眺めながらの農作業は格別です。
 ここは棚田オーナー制度が盛んですが、オーナーさん達による
田植えはすでに先週700人規模で終了したそうで、今週は
私たちだけの独占田植えでした。(kamy)

先ずは田んぼの地ならしから。
11IMG_7528.JPG

保存会代表の高橋さんからレクチャーを受けて
中島代表と久野さん達による模範田植え?
12IMG_7525.JPG

いよいよ東京のお嬢様方も素足で田植えにチャレンジ!
13IMG_7527.JPG

「私の持ち分完了!・・・・休憩です」
15IMG_7547.JPG

明日の参加者のために2枚の田んぼをのこして、ほぼ終了・・・・お疲れ様です。
14IMG_7544.JPG
【写真はいずれも永瀬さん提供】
posted by tanadanetwork at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年05月15日

石部棚田の畦付け報告と田植え募集

4月28日、29日に静岡県西伊豆松崎町の石部棚田プロジェクトで「畦付け」を行って来ました。

それでは、参加者の皆さんの雄姿を見てください!

P1030036.JPG

P1030033.JPG

P1030032.JPG

P1030053.JPG

でも、やっぱり地元の方には、かなわない!
石部棚田のリーダーの周蔵さんは、腰の使い方が違います。

P1030040.JPG

そして、畦付け名人のお母さんのこの技術!

P1030050.JPG

P1030052.JPG

そして、こんな見事な畦が付きました!

P1030063.JPG

石部棚田での伝統の「本畦付け」です。なかなか、ほかの棚田では見られない貴重な技術です。
この畦が、一年のお米作りを守ってくれるのですね!

さぁ、そして5/19日(土)、20日(日)は、いよいよ田植えイベントです。

まだまだ、参加者募集しております。
1日参加でもOKです!

詳細・お申し込み→http://www.tanada.or.jp/2012/04/27/event_ishibu20120519/

そして、当日はなんと石部棚田初の試みの灯りイベントも同時に開催されます。
田植えをして、夜は棚田の灯りで楽しみましょう

石部の灯り→http://www.tanada.or.jp/2012/05/02/event_shizuoka2012051/


posted by tanadanetwork at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年04月24日

石部棚田代掻きレポート

4月18日に石部棚田プロジェクトのメンバー2人で、先月復田したネットワーク田の「代掻き作業」を行ってきました。

P1020781.JPG

「代掻き」とは、「田起こし」をした田んぼに水を少しずつ入れ、土と水を混ぜてドロドロの状態にする作業です。この泥を来る4/28、29日のイベントで畦をつけることになります。

P1020794.JPG

スタッフも初めての耕耘機で代掻きにチャレンジ!なかなか思うように前に進みません(笑)

P1020767.JPG

地元の保存会の方々に手伝っていただき、何とか8枚の田んぼの「代掻き」が終わりました。

P1020836.JPG

そしてついに、「蓑口」についも水が流れました!

P1020866.JPG

石部棚田は、いま水張りの美しい時を迎えています。

まだまだ、4/28、29日の「畦付けチャレンジ」募集中です!

http://www.tanada.or.jp/2012/03/23/event_ishibu2012042/

ぜひ、石部棚田でお会いしましょう!


<事務局kuwakuwa>

posted by tanadanetwork at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年04月09日

今年の静岡県・石部はやります!

今年の新しいフィールド・・・・西伊豆の「石部フィールド」
やります。
いっぱいやります。
ご期待下さい。


畔付けチャレンジ!

4月28日(土)・29日(日)

田んぼの保水力を高めるため畔に泥をつける作業。石部独特の伝統技!



田植えチャレンジ!

5月19日(土)・20日(日)

手植えでの田植え作業!



草取りチャレンジ!

7月7日(土)・8日(日)

無農薬又は減農薬での栽培のため田んぼに入っての草取り作業!



草取りチャレンジ!

8月25日(土)・26日(日)

無農薬又は減農薬での栽培のため田んぼに入っての草取り作業!



稲刈り

10月初旬

手刈りでの稲刈りとハザ掛け作業!



新米試食会

11月初旬

天日乾燥されたごはんの試食会です!
posted by tanadanetwork at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年03月30日

シーズン間近!石部棚田ネット田レポート

3月28日、石部棚田プロジェクトのメンバーで、3月3日、4日に復田した田んぼの調査へ行ってきましたので、レポートをお送りします!

isibu0328_1.JPG

こちらが復田した田んぼの今の写真です。

isibu0328_2.JPG

田んぼには、つくしが勢いよく頭を出していました。

isibu0328_3.JPG

田んぼの周りは花盛り、至る所にタンポポが咲いていました。

isibu0328_4.JPG

ところが、トラブル発見!
藁で作った「蓑口」の一部が壊され、藁が散乱…。

実は、これは「お猿さん」の仕業。
藁に残る籾を狙って、お猿さんが引っ張ってしまったのです。

でも、ご安心!保存会の方が修復してくれるそうです。

isibu0328_5.JPG

石部棚田では、オーナー制度の田植えに向けた「籾種」の準備に入っていました。
石部棚田では、苗を籾種から育成しているのです。

まずは、浸水していた籾種の水を切って

isibu0328_6.JPG

発砲スチロールに竹を割った下敷きをし、籾種を入れます。

isibu0328_7.JPG

ビニールをまいて、なおかつ毛布をまいて、日の当たるところで、発芽を待ちます。
数日で発芽したら、今度は苗床に移すそうです。

isibu0328_8.JPG

棚田から、富士山が頭を出していました。これから、石部棚田は4月中旬より田んぼに水を入れて、代掻き作業に入ります。

棚田ネットワーク田でも、代掻きを行いますが、日程を定めることができず、公開イベントではなく、スタッフ数名で、代掻き作業へ行ってきます。

ご興味がある方は、事務局までご連絡ください。

公開イベントは、次回、代掻きした泥を、畦に付けていく「畦付け」になります。詳細は以下をクリック!

http://www.tanada.or.jp/2012/03/23/event_ishibu2012042/


ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております!

<事務局kuwakuwa>

posted by tanadanetwork at 15:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年03月13日

石部棚田〜復田チャレンジレポート2日目

hukuden2_1.JPG

さて、石部棚田「復田チャレンジ2012」の2日目、概ね天気がよく絶好の作業日より。まずは、石部棚田の番長こと「やっさん」に今日の作業内容を聞きます。

2日目はとにかく畦を強固にすること!

hukuden2_2.JPG

ひたすら、臼で畦をたたきます。

hukuden2_3.JPG

そして、踏み固めて、一年の田んぼを大切に守る畦の完成。

hukuden2_4.JPG

途中、椎茸を一杯積んだ軽トラが通過!ちょうど、山に椎茸が出たということで、集落の人は、こぞって山に入ったそうです。

hukuden2_5.JPG

最後は、今回のメインイベント「蓑口作り」です。蓑口は、まだパイプなどの近代的排水管がなかったころ、藁をクッションにして、水を田んぼに落とす石部伝統の技です。水の量によって、藁が伸縮して、田んぼを傷つけないように水を調整して落とす優れもの。

石部のお母さんに、その伝統技術を教わります。

hukuden2_6.JPG

そして、こちらが各田んぼに設置した「蓑口」。どうですこの貫禄!お見事!

hukuden2_7.JPG

そして、ついに数十年ぶりに、この田んぼに水が入りました!
まだ、畦の機能をチェックするための実験的は水ですが、感無量です。

結局、3e、8枚の田んぼの復活に成功。これから、この田んぼでの一年間のお米つくりが始まります。

まずは4月28日(土)、29日(日)の「畦付け作業」です。今回作った畦に、代掻きした泥をつけて、より保水力のある畦を作ります。

これも、見事な石部の伝統技術です!皆様ぜひご参加ください。

<事務局kuwakuwa>

posted by tanadanetwork at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2012年03月09日

石部棚田〜復田チャレンジレポート1日目

今年から始まった石部棚田プロジェクトの第1回目のイベント「復田チャレンジ2012」が、3月3日、4日にかけて開催されました。

天候にも恵まれた1日目は、30名を超える参加者で3e、8枚の放棄田の復活へ作業をスタートしました。

こちらが、復田前の棚田です。

hukuden1.JPG

まずは草取り。

hukuden2.JPG

手では追いつかないので、草刈り機も導入。地元の方に、教えてもらいながら、参加者自ら草刈り機にもチャレンジ!

hukuden3.JPG

草が刈り終わったら、土を起こします。こちらも地元の方の指導の下、田起こし機にもチャレンジ!

hukuden4.JPG

同時に畦を鍬やスコップで作っていきます。

hukuden5.JPG

そして1日目の完成がこちらです。参加人数が予想以上に多かったため、ほぼ1日でだいたいの形ができました!

hukuden6.JPG

そして、夜は伊豆でのお楽しみ石部温泉民宿での新鮮な海鮮がおいしかった〜。当日は、ひな祭りということで、民宿のおかみさんが、散らし寿司も作ってくれました!

hukuden7.JPG

2日目は、いよいよ蓑口といわれる石部伝統の水取口の設置と畦を固める作業です。

<事務局kuwa>
posted by tanadanetwork at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2011年12月23日

石部棚田プロジェクト準備中!

P1010548.JPG


棚田ネットワークでは、2012年から静岡県松崎町の石部棚田で、「復田&昔ながらの米作り体験コース」の企画を準備しています!

12月20日に、来季の打ち合わせで石部棚田を訪れました。

石部棚田は、西伊豆の先端に位置し、駿河湾を見下ろせる絶景の棚田です。空気のきれいな時は、富士山も見えるんです。

今回訪れた日も快晴で、駿河湾がとてもきれいでした!


P1010565.JPG

そして、今回のプロジェクトで復田&昔ながらのお米作り体験を行う田んぼがこちら、3e、6,7枚くらいのかなりの広さがあるスペースです。

ここの田んぼを復田して、地元の方と協力して、昔ながらの田んぼ形態を再現するのが今回のコンセプト。


DSCN7154.JPG

これ何だと思いますか?

これは、昔田んぼに水を落とすのに使った「藁」で編んだ「蓑口」というもの。今では、ほとんどがプラスチックのパイプで代用しています。

今回この「蓑口」を設置し、無農薬(場合によっては減農薬)で、日本の伝統的なお米作りの継承場として、石部棚田のシンボルにしたいと地元の方は語っています。

この棚田に「蓑口」が並んでいる姿を想像するだけでもワクワクしますね!

復田&蓑口設置のイベントは2012年2月の下旬頃に予定をしています。

その後、年間を通したお米作り体験を行う予定です。

詳細は、HPでお知らせしますので、ぜひチェックしてください!!


【石部棚田の紹介はこちらのHPを御覧ください】

http://www.ishibu-tanada.com/


<事務局kuwakuwa〉
posted by tanadanetwork at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2009年10月23日

石部棚田ボランティア最終回

さて、前回前々回と続きいてきた石部棚田稲上げ&脱穀ボランティアレポート最終回です。

DSCN6644.JPG

脱穀した籾は、30kg袋に収められ完成!と思いきや、まだまだ作業は続きます。棚田の空いたスペースにビニールシートをひいて、その籾をさらに1日天日に干します。

石部棚田のお米は、すべて天日に干し、脱穀後籾の状態で、1日干したあと精米所へ運びます。

なんという手間!しかしながら、これが棚田米の美味しさの秘密なのです。

DSCN6702.JPG

8時から始めた作業も1回の休憩をはさみ、やっとお昼休み。前日の夜作りおきした海鮮カレーを皆さんに振る舞いました。

ちなみに、今回思いつきで自炊をしようと、松崎のヤオハンで材料を仕入れて、みんなで手分けして作りました。海老にホタテにイカに、地元産の野菜をふんだんに使って、トマト風味のカレーに仕上げました。

DSCN6709.JPG

午後も同じ作業を続けますが、皆さんさすがにバテ気味です(笑)

DSCN6656.JPG DSCN6721.JPG

最後は、ビニールシートに干した籾を回収し、再び30kg袋へ収めて、倉庫にしまいます。これも、写真では簡単そうですが、かなりの重労働です。

普段、この作業を地元保存会の方が4日程かけて、6トンほどのお米を回収するそうです。今回私達若手が手伝っても、1日位の短縮にしかならないそうです(泣)

DSCN6722.JPG

ハサを解体した後の棚田の風景。
しかし、写真の写っていないところには、まだハサが一杯・・・。

今回、この作業に参加して、改めて「棚田」でのお米つくりの大変さを痛感しました。この作業を地元の70過ぎの方達が行ってきたことに驚きの感情をかくせません。

棚田を美しく見せる畦そして段差での作業が、今後高齢化した地元の保存会の方がいつまで続けられるのか?

とても大きな問題を突きつけられたような気がします。

DSCN6685.JPG

重たい脱穀機を移動する保存会の方々。

〈事務局kuwakuwa〉

 環境ランキングに参加しています
人気ブログランキングへクリック! ←(1日1回クリックをお願いします)


棚田ネットワークのホームページはこちら
東京棚田フェスティバル特設サイトはこちら
posted by tanadanetwork at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2009年10月20日

石部棚田稲上げ&脱穀ボランティア

さて、松崎町石部棚田のボランティアの続きの報告です。

朝8時から早速作業が始まります。

DSCN6624.JPG DSCN6665.JPG

まずは、ハサに干してある稲の束を、小さな移動式の脱穀機に集めるわけですが、これが結構な重労働です。

見ての通り棚田はアップダウンが厳しく、しかも脱穀機はこの広大な棚田の中で一台だけ・・・。

足場は台風の影響でぬかるみ、足をとられながらの運搬です。

DSCN6639.JPG

今回は一日で脱穀機を1回しか移動しなかったので、ただひたすら稲の束を担いで、その脱穀機へ運ぶのです。

しかも近くの稲を運べば運ぶほど、脱穀機が遠くなるわけです(笑)

完全にダイエットモードです。
皆さん痩せたい人はぜひ「棚田」へいらしてください(笑)

DSCN6627.JPG

さて、これが小型の移動式脱穀機です。
脱穀機担当は、われらが石部のリーダー高橋さん。やはり、脱穀機は手が挟まれたりする危険があるので、プロフェッショナルにお任せです。

DSCN6620.JPG

脱穀された籾は、30kg袋にどんどん落ちていきます。

warasyori.JPG

同時にできた藁をおばちゃんたちが、脅威のテクニックとすばやい身のこなしでどんどん藁束を作っていきます。

その藁束を畜産の業者さんがその場から搬出します。

この作業が炎天下の中、午前中延々と続くわけです。

<こちらも続く>

 環境ランキングに参加しています
人気ブログランキングへクリック! ←(1日1回クリックをお願いします)


棚田ネットワークのホームページはこちら
東京棚田フェスティバル特設サイトはこちら 

posted by tanadanetwork at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2009年10月16日

再び松崎町石部の棚田へ

こんにちわ!事務局のkuwakuwaです。
8月に伊豆半島の西の先端松崎町にある石部棚田へ草取りボランティアに参加したのに引き続き、今回も棚田ネットワーク会員であり、石部棚田のオーナーでもあるHisaさんと稲上げと脱穀作業のボランティアに参加して来ました。

DSCN6581.JPG

夕方の松崎港は、すっかり秋らしい雲・・・。急に気温が下がり、日が沈むと肌寒い季節です。

今回は、ボランティアということで、石部棚田の交流棟をお借りしてキャンプをはり、寝袋で1泊。翌日早朝から行われる作業に備えます。

棚田の夜空は、満点の星が輝き、天の川も見えました。ロマンチックなシチュエーションですが、残念ながらキャンプは男4人です(笑)

DSCN6599.JPG

朝6時に起きると、棚田に朝日が差し、10月3、4日にオーナーさんたちが刈り取って、ハサ掛けにした稲が光輝いていました。

DSCN6603.JPG

今回の作業は、このハサ掛けにした稲を集めて脱穀機にかけるとのこと。前回の草取りボランティアは、大学生のボランティアを含め70人位いたのですが、今回は松崎に移住して石部棚田のコーディネートをする村上さんと学生ボランティア1人、県職員さんと里地クラブの方の5名と我々4名の少数精鋭部隊。

DSCN6612.JPG

地元の方の説明を聞き、8時に作業開始です!


 環境ランキングに参加しています
人気ブログランキングへクリック! ←(1日1回クリックをお願いします)


棚田ネットワークのホームページはこちら

東京棚田フェスティバル特設サイトはこちら 
posted by tanadanetwork at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト

2009年08月31日

来年のサミットは松崎町です

静岡県松崎町石部棚田訪問最終回です。

初日の午後からの作業、2日目の午前中の作業に参加して、お昼は学生の炊き出しのおむすびを頂き、私たちは帰途に立ちます。

isibu_vola10.jpg

学生たちは、その日の午後と翌日まで作業が続きます。

isibu_omusubi.jpg

今回このプログラムの参加は、本当に有意義なものになりました。石部棚田の現状は、全国の棚田オーナー制度のあり方を改めて考えさせられました。「田植え」と「稲刈り」だけの体験型のオーナー制度は、地元の多大な負担を強いていること。今現在、学生のボランティアが助けてくれるが、これさえも意識の高い引率の先生の情熱で成り立っていて、決して将来を保障する安定的なシステムではないことなど、現場の生の声をたくさん聞けました。

isibu_vola11.jpg

棚田全体に畦の草を焼いた煙が立ちこめ、なんとも幻想的な風景です。こんな美しい風景を残すために、私たちはどんな協力が出来るのだろうと思いながら、石部の棚田を後にしました。

来年の全国棚田(千米田)サミットは、この松崎町です!
皆さん、ぜひこの石部の棚田を応援してください。

石部の棚田のHPはこちらへ

matuzaki_onsen.jpg

もちろん、帰りは温泉へ立ち寄り。松崎町の中心街から下田方面に10分ほど車で行った所に「大沢温泉」という風情のある温泉に立ち寄りました。炭酸泉の珍しい温泉!渓流沿いのせせらぎに包まれながら、疲れも吹っ飛びます。

ちなみに、石部の温泉はナトリウム系のショッパイ温泉。こちらもお勧めです。

(終わり)

伊豆半島の絶景棚田へ
石部の棚田は学生が支えている
総勢70人での棚田の草取り

  
        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!

棚田ネットワークHPはこちら 

posted by tanadanetwork at 14:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 石部棚田プロジェクト

2009年08月29日

石部の棚田は学生が支えている

さて今回なぜ「石部の棚田」へ行ったのか?をお話する前に、ちょっと基礎知識!

静岡県の伊豆半島の西の先端、松崎町の石部棚田は前ページの写真を見ていただければわかるように、急傾斜の見事な石積み、駿河湾を一望でき、晴れて空気の綺麗な日は富士山も望むことができる絶景棚田です。

でもこんな素晴しい棚田、実は日本の棚田百選に選定されていません。

なぜ?

それは、棚田百選が選定された1999年当時は、90%が耕作放棄され見渡す限り荒地だったからです。

2000年から、地元の有志が復田活動をし、見事に昔の姿を取り戻しました。2002年より、棚田オーナー制度も敷かれ、現在では100組以上のオーナーがいるそうです。

isibu_houki.jpg

棚田の上部には、まだたくさんの耕作放棄田があります。しかし、2000年の頃は、この写真では想像出来ないほどの状況だったようです。

isibu_ozonnkai.jpg

順調な復活をとげたかに思える石部の棚田ですが、現在思わぬ課題に直面しているそうです。

石部の棚田オーナー制度は、「田植え」と「草刈り」のみの体験型です。オーナーさんが毎年増えて行くと同時に、年間を通した棚田の管理が着実に増えます。

その管理を、還暦をとうに過ぎた保存会のメンバー5、6名で行っているそうなのです。

isibu_gakusei.jpg

そんな保存会の人達をサポートしているのが、富士市にある富士常葉大学の学生ボランティアです。

彼等は、田植え前の田作り、真夏の畦の草刈り、田の草取りなど田んぼの管理には欠かせない地味で厳しい重労働をサポートするためにプログラムを組んで、年に数回石部の棚田を訪れます。

今回私達は、この学生ボランティアの夏のプログラムに参加するのを目的に石部を訪れたわけです。

(続く)

伊豆半島の絶景棚田へ

  
        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!

棚田ネットワークHPはこちら 
posted by tanadanetwork at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 石部棚田プロジェクト
Copyright (c) TANADA NETWORK All Rights Reseeved