2011年03月11日

すごい揺れ

最大規模の地震
電車が動き出す気配なし。----------午後7時

近くのコンビニは夕食を確保するサラリーマンでいっぱい。
おにぎりなどは売り切れ、係の人がカップラーメンを倉庫から
出してきたの所だったので確保できましたが、食料は間もなく
売り切れになりそう。
道路は渋滞で配送車は来ないらしい。

NEC_0143.JPG
入居ビルの1Fから6Fまでのエレベーターホールの壁に亀裂

NEC_0134.JPG
電話がつながらない、PCメールだけはスイスイ。
みんな知ってるらしく公衆電話に長蛇の列。
 公衆電話は規制対象外なので比較的繋がる。
携帯メール等で取り残された3人は家族と連絡がとれました。(kamy)





posted by tanadanetwork at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2011年03月06日

電子書籍 『棚田に吹く風』 登場?


遊び心があって楽しいですよ!

わーい(嬉しい顔)電子書籍『棚田に吹く風』? クリックしてみて下さい。
書籍が表示されたら右のページ、左のページクリックできます。

棚田ネットワークのホームページの運用を委託しているanubis worksさんが
電子書籍を試作してくれました。
棚田ホームページのどこを見ればいいの? チョットわかりずらいかも知れませんので
「ボタン」を付けられるかどうかお願いしてあります。

iPADやGALAXY-TABなど注目の端末が販売されていますが、先ずはPCで体験して下さい。
もっとも最新版の「棚田に吹く風」はかんべんして下さい。
最新版をご覧になりたい方は是非会員になって下さい。ただいま入会キャンペーン中です(kamy)
http://www.tanada.or.jp/2010/12/14/campaign09/




posted by tanadanetwork at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2011年03月05日

税務署の窓口

確定申告の締め切りがまじか。棚田ネットワークも個人事業者が結構身近にいるので「確定申告」の
話がよく出てきます。

 昨日まで「税務の研修」を3日間受講してきました。給料・謝礼金などを支払う側
としての処理の仕方についての研修ですが、正直眠気がさしてきます。

そういえば最近税務署の窓口もビックリするほど変わってきていました。
入口を入るとすぐ納税窓口、相談窓口は一番奥の方。
 ところが最近は相談窓口が入口に配置され納税者重視の意図がみてとれます。

30歳前後の若い男性職員
職員 ”従来の「カード」に加え、これからは下側の用紙にも記入して下さい・・・” 
当方 ”納税が煩雑になりますね”
職員 ”まことに申し訳ありません。ご協力お願いします”
2枚の用紙を添えてお釣りの無いように手渡すと
職員 ”ありがとうございます! 7200円ちょうどからお預かりします!

どこかで聞いたセリフだ。思わず吹き出しそうになりましたが好感がもてます。(kamy)
SANY1522.JPG
上が従来の納税「カード」下側が追加の用紙


posted by tanadanetwork at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2011年01月28日

棚田むすびの会2周年

更新サボってました。
棚田調査関係の本を3月に出そうと言うことで、ほんのチョッピリ
そちらに傾いていました。
 ひとつの仕事に熱中するともう一方の仕事のテンションが下がって。
同時進行が苦手になってきています。(kamy)

■大阪から招待状が届きました。
友好団体の「棚田むすびの会」2周年記念パーティー
昨年11月の東京棚田フェスティバルでは「棚田DEファッションショー」を
演出してくれました。
   オニギリをむすんだり
   男女の縁をむすんだり
   都会と農家をむすんだり
   大阪と東京をむすんだり
   と忙しそう。ともかくおめでとうございます。
http://tanamusu.naturum.ne.jp/

■きょう金曜日は(1月28日)は棚田スライドショーです。
 棚田米の試食タイムやボランティア説明タイムもあります。
 場所は有楽町の一等地、
 お仕事帰りやぶらり都心散歩、
 お気軽にお立ち寄り下さい。
 お待ちしております。当日の飛び入り参加も歓迎です。
http://www.tanada.or.jp/2010/12/24/event20110128/

■------------------------------------------------
棚田ネットワーク・メールニュース配信中
こちらをごらん下さい 
http://archive.mag2.com/0001186990/index.html
-------------------------------------------------






posted by tanadanetwork at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年07月28日

マコモってなに?

大阪でマコモの研究栽培に取り組んでいるグループがあります。

マコモ・・・・昨年初めて聞きました、「真菰」こんな字を書くそうです。
イネ科の植物で、昔は水辺のいたるところに自生していたと聞きますが、現在は見かけません。

この見捨てられたマコモが最近注目されているようです。
”休耕田にはもってこい” 最適? ということで栽培実験が続けられています。
謎めいたマコモ。
イネ科でありながら繁殖は主に親株からの株分けにたよっているとか? 薬用にも? 工芸品にも
今月の31日には、大阪市中央区のイタリアンのお店でマコモの専門家を呼んで勉強会を開くそうです。

マコモはこんな植物です。
http://tanamusu.naturum.ne.jp/d2010-07-05.html

・日本古来種
・水辺のどこにでも自生していた
・イネ科
休耕田の救世主になれるか? 環境変化はどうか?
興味がわいてきます。(kamy)



.



posted by tanadanetwork at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年06月02日

金教授ら棚田ネットの事務所訪問

韓国からのお客様です。

韓国・聖潔大学の金光男教授と韓国農漁村公社の金美永博士が31日午後棚田ネットワークの事務所を訪れた。
「日本の農村景観保全活動及び支援施策ベンチマーキング」が目的。
日本の棚田地域の抱える問題点や棚田ネットワークの果たす役割等について中島代表から話を聞いた。
SANY0735.JPG
【写真】左から金博士、金教授、中島代表、通訳の鄭成澤の各氏

霞ヶ関の農水省関係を表敬訪問の後、午後1時に事務所に到着。
友好ムードで予定時間を30分ほどオーバー、
次の訪問先である農村環境整備センターに向かった。

SANY0733.JPG
翌1日は、中島代表が案内役で千葉県・鴨川市役所訪問と大山千枚田の現地視察が行われた。(kamy)

=========
事務局からのお誘い
=========
■棚田スライドショー&棚田米の試食会
 
お気軽に参加下さい。 
【開催日時】 6月4日(金) 18:30〜20:30 入場無料
【開催場所】 東京・丸の内さえずり館

【詳細・お申込みはこちらへ】
http://www.tanada.or.jp/2010/05/11/event20100604/



posted by tanadanetwork at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年05月06日

5月の連休

5月の連休どこも、暑かったようですね!

ここは群馬県の川場村に隣接する”サラダパーク”の棚田
水張りの準備をしていました。
SANY0708.JPG

Apple679.JPG SANY0708.JPG SANY0690.JPG
サラダパークの名にふさわしくリンゴの産地です。
気温29.5度
少し歩くだけで汗だくです。
淡いリンゴの花が満開で、月夜野ではリンゴの花見イベントも開かれるそうです。 

気温5度・・・・とても寒いです。
このサラダパークから、車で急な坂道を20分も登ると、そこには全くの別世界が広がっていました・・・・玉原(たんばら)高原です
今年は雪が多く、まだスキーヤーで賑わっていました。
ブナの林に魅せられて雪の中へ、
堂々としたブナ林の根元で、ブナの種を探しましたが、どれもスカスカの殻。
ペンションのおかみさん ”ブナの一斉開花は5年に1度、昨年はほとんど実がならなかったですよ”
(kamy)

■明日は事務所で「棚田米を食べる会」です・・・来てね。
posted by tanadanetwork at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年05月02日

ブログリンク

ブログリンクを一部変更しました。

■「日本の棚田」・・・・ブログ界の「金本選手」と言われた「長野県の棚田」に続く棚田一郎さんのブログ

■「棚田に恋して」・・・・・松崎町の石部棚田から発信をはじめた女性のブログ

■「泥兎」・・・・・・・・・白馬三山を眺めながら復田に取り組む大さんのブログ

■「棚田むすびの会」・・・・引っ越しました。

■更新頻度の低調なブログリンク2つを削除しました。
posted by tanadanetwork at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年05月01日

会報「棚田に吹く風」がリニューアル

会報誌『棚田に吹く風』(隔月刊)がリニューアルしました。

編集部(とはいっても兼務の3人)で1月から検討してきました。
カミーはメンバーではないので、ときどき聞き耳をたててはつぶやきを入れています。
経費増のリニューアルはだめよ〜ん”・・・・・これは何とかクリアしたようです!

ところが難問がもう一つ、3月の理事会で大バトルが繰り広げられたそうです。
会報誌の「サイズ」です。
中島代表を含むA4派・・・・会報の年配読者層に配慮して大きくせよ!
かたやB5版擁護派・・・女性のハンドバックに”折らずに入るサイズはB5だ”
結局、話し合いで決着が着かず、前代未聞の挙手による採決でB5版派が勝利したそうです。

カミーはA4派でしたが、会議に参加しておらず決定に一切文句を言う権利なし。
議事録には、どう書いてあるのだろうとファイルを探してたらまだ書いてないとのこと、残念。

ともあれ、身の丈を超えるような出来栄えです。
ハイクオリティー & ローコスト を達成しました。
プロのデザイナーが編集部にいる強みです。
 気になる 印刷経費は・・・1部54円也!
従来のジェル・ジェットプリンターとほぼ同額経費で済みました(kamy)
Magazin.JPG
さっそく昨日2件の問い合わせがきました。
■こんなに金をかけて大丈夫か?一体どのくらいかかったのか?(神奈川県の会員さん)
■スゴイ!友人に配りたいので、追加で10部送ってもらえないか?(静岡の会員さん)

会報誌は、広報用に余分にあります。希望者は一般の方も含め、リンク集の「棚田HP」からお申込み下さい。
 

posted by tanadanetwork at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年04月15日

4/16ボランィテア説明会の試食米

明日丸の内・さえずり館で開催される「棚田へ行こう!ボランティア説明会」での試食棚田米が入荷しました!

試食米

日本一高い石垣と言われる佐賀県蕨野の棚田でつくられた「夢しずく」と新潟県長岡市川口町の荒谷棚田の「魚沼産こしひかり」を試食します!

どうぞ、お楽しみに!

会場は、まだ若干席が残っています。
入場無料ですので、お気軽にお申込みください。

事務局kuwakuwa

【お申込み・詳細はこちら】
http://www.tanada.or.jp/



posted by tanadanetwork at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年04月10日

総会は4月24日です

今期から棚田ネットワークの通常総会は、4月になりました。

「議案書」を発送しました。

これが「議案書」? 
”CHANGE”の方針にふさわしく
読みやすく、親しみやすい議案書に衣替えです。

総会に皆さまの参加をお待ちしております。(kamy)

2SANY0565.JPG





■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 11:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年04月07日

総会は今月です

昨日「会計監査」をパスしました。
監事のお二人さんありがとうございました。
夕方5時に終了予定が、残務整理で夜の8時まで引き留めちゃって
本当にゴメンナサイ
次からは、改善します

12月決算から3月決算に移行したため、15ケ月分の「監査」ですから
大変でした。

日程は込み入ってます。
◆4月2日に銀行巡りで最終記帳、収支計算書作り
◆4月6日に会計監査
◆理事会承認後4月9日に「総会議案書」発送

コンピューターはやっぱり偉い!
前回まではExcel管理の会計帳簿をもと決算集計するのでどう
しても時間がかかってしまいます。
 今回から「決算処理」のボタンをクリックすると即データーが
出てくる。
あとはExeclに落とし、体裁を整え、つじつまを合わせれば
出来あがり。
手作りのデータベースですが、何とか動いてくれました。(kamy)


■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年03月26日

棚田の記事が

読売新聞に----棚田が。

棚田産の米について社会の関心が高まっていますが、
読売新聞の取材記事が3月23日付け同紙に掲載されました。
生産者の支援と棚田米の普及啓蒙を目的に、昨年末開発した「棚田応援米マーク」がここでも注目を浴びています。
けれども、取り組みを始めたばかりで、このマークの付いた棚田米を販売する店は少なく、一般の方が目にするのはまだ先のことになりそうです。(kamy)

Yomiuri547.JPG


■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年03月18日

カエルの卵

今週は恵那市の「坂折り棚田」でイベント「カエルの卵を探そう」が開かれます。

このところ東京も寒暖の差が激しく、雪の日も例年になく多いです。
恵那も天気に恵まれますよう!

カエルも冬眠からさめ活発に動き回っています。
ゼリー状の卵かいをみつけて下さい。
SANY0089.JPG
<恵那の活動記録から>


■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年03月02日

「まもりびと」を発送しました

棚田情報紙「まもりびと」を発送しました。
冬号です。
季刊発行ですが、編集が遅れて「冬号」の送付がやっと終わりました。

”もう冬が終わっちゃうよ”と事務局長がやきもき!
3月上旬はまだ”冬”ということで勘弁してもらいましょう。
この情報紙は「各地の保存会」向けですが、一般の方でもご希望でしたらお配りします。(kamy)
Winter561.JPG



■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年01月27日

トキは吉鳥?害鳥?

写真家大野広幸さんは語り続けます。
Sado tour_08_07.jpgsado.jpg
                  <新潟県のセミナー案内パンフより>
トキが羽根を広げて飛ぶ姿は、優雅で色鮮やかですが
 一部のトキには、ペンキを塗っているそうです・・・ビックリ
放鳥のトキの個体判別は
・GPS
・足輪
・羽根の着色
GPSは3日後にならないと位置分析が出来ず、市民の目撃情報と通報がもっとも重要だそうです。

トキは、かつて田畑を荒らす「害鳥」として乱獲され
気が付いたら佐渡と能登半島に20〜30羽。
中国では1980年代の初めに7羽が発見され、「吉鳥」と呼び保護に努めたことが功を奏したようです。
「吉鳥」とはうまいことを考えたものですね。

3月には第3回目の放鳥が予定されているそうですが、佐渡を取り巻く状況は決して明るくありません。

佐渡市役所の木下さんも心配しています。
かつて10万人いた島民も毎年1000人ほど減り続け現在は6.5万人。

里山の松枯れは一旦治まったものの、一方ではナラ枯れが進んだり
竹藪の浸食でトキが巣作りの松が脅かされているといいます。
いままでビオトープや棚田などエサ場つくりに注目されてきましたが、竹藪の浸食防止は棚田保全の数倍の労力が必要なようです。
私たちに出来ることは?(kamy)

【事務局】
昨日は新潟県川口町・木沢ハウスの平澤さんがおいでになりました。 今年の雪は半端じゃないとのこと。
さっそく、ブログのリンク集に「メイちゃんの木沢日記2」を加えました。
 雪に埋もれた棚田をご覧ください。


■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年01月23日

トキあれこれ2

最近トキの話を聞く機会がありました。
SANY0525.JPG

講師は写真家の大野広幸さん
トキを撮り続けて3年余り、佐渡を訪れる旅は実に50回を超すといいいます。
棚田ネットワークもたびたびツアーを組んだ佐渡南東部の「岩首集落」、ここが大野さんとトキとの最初の係わりの場所だそうです。
2007年に廃校になってしまった「岩首小学校」の田植え風景撮影の時だとか。

警戒心がとても強いトキとの対話を試みる大野さん、いまでは少しずつ受け入れられているそうです。

受け入れられる尺度・・・・・それは何でしょうか?
 トキは人間の顔を覚えており、人間との距離で測れるそうです。
  ◆トキが最も信頼しているのは農作業中の農夫。 10m〜15mまで近づけるそうです。

  ◆一般の観光客なら数百mが限度。

  ◆大野さんはというと来島50回、延べ数百日も顔を見せてはいるものの80mまで近づくのが     限度。
   この80mの距離から優雅に飛ぶ姿や
   メスは本州に渡り、残されたオス達のうち一羽での巣作りや、オス同士でカップルを組んだりするかなしい場面の写真も撮り続けています。

   ということで、にわかカメラマンがトキのズームアップ写真を撮ろうとしても至難のワザということになりそうです。(続く)
  
 

■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年01月20日

トキあれこれ1

地元の方と本州ボランティア達により維持される佐渡の棚田やビオトープも、すっぽり雪に埋まっています。
ここで2つ〜3つの群れをつくり、エサ探しをしているトキの情報が入っていますのでお伝えします。

Sado.jpg

◇12月中に確認のトキ
 佐渡18羽 (オス10、メス8)
 本州4羽 (メス4)
 計22羽

・1カ月以上、未確認 4羽
・半年以上、未確認 1羽
・1年以上、未確認 1羽
・死亡 1羽(2008年12月確認)
・捕獲 1羽(2009年放鳥直後)

◆トキの分散飼育の様子が観られます。(kamy)
 1月9日、佐渡から石川県・能美市の動物園に移送された2組のつがい。http://www.asahi.com/video/news/TKY201001100201.html



■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年01月11日

棚田の30%が消える?

棚田の30%が消える?
新年の大分合同新聞は、この研究報告を載せています。

「百選の棚田」のひとつ大分県・別府市の「内成棚田」(うちなりたなだ)
ここは市街地中心部から車で30分ほど、通勤にも便利な兼業農家が成り立ちやすい棚田のひとつです。
しかし、この棚田も20年後には約1/3、約1400枚ある棚田の、じつに420枚が消えることになるといいます。

「内成棚田」はこんなところ------->http://www.tanada.or.jp/photo/t_pho014.htm


■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ

2010年01月01日

初日の出

東京の夜明け

埼玉県と東京都にまたがる狭山丘陵。

ここは、東京のミズガメである狭山湖、多摩湖を包むように広大な緑地帯が保存されています。
その外側は、すでに住宅地で埋め尽くされてしまいました。

市民活動の高まりや関係職員の努力の結果「東京都の水源地」は見た目はとてもきれいです。
しかし大通りから離れた藪には、家電廃品などが捨てられているのが現状です。
SANY0505.JPG
         埼玉県側から東京・東大和市方面を望む。(Jan/1/ 2010 by kamy)

Lake_Google.jpg
              (Google Earthより)
A:狭山湖
B:多摩湖(上)
C:多摩湖(下)
D:円形の建物が西武ドーム球場
E:早大所沢キャンバス


■棚田ネットワークのホームページ■ 
posted by tanadanetwork at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局あれこれ
Copyright (c) TANADA NETWORK All Rights Reseeved