2013年07月29日

池谷は元気!

【ChuClu(ちゅくる)】
・・・・・おめでとう百万円突破!

目 的:千年続く新潟の中山間地域のくらしを発信する冊子を創る。
用 途:製本のための制作費など。
お返し:完成した冊子、移住女子が制作した野菜・加工品・農産物など
https://faavo.jp/niigata/project/71
池谷.jpg
posted by tanadanetwork at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年10月08日

池谷アルバムから(2)

ジェン(JEN)とともに

池谷地区は、度重なる地震による被害から復興した棚田集落で、この復興に貢献しているのがジェン(JEN)。
 この日もたくさん支援に来ていました。 山の学び舎に泊まりきれない方が民宿「かくら」に同宿しました。
棚田ネットワークの稲刈り現場にも顔を出してくれました。
 
地元がジェンとタイアップし池谷生産の「魚沼産コシヒカリ」を「 山清水米(やましみずまい)」のブランドで通販しています。

今年の池谷プロジェクトに参加したみなさんに朗報! 
幹事さんからの連絡にご期待下さい。

Iketani08_09_28_Nakasima.JPG
ハザ掛け中の「棚田博士」こと中島先生、帰路車で送りましょと言ったら、「いや、女性軍団と一緒に歩いて帰るよ」。
ほくほく線の最寄駅まで峠越えの山道、ショートカットとは言え池谷集落から約6kmの道のり。
約2時間かけて帰ったそうです。 脱帽!! 
 この稲刈りに東京から、昭和6年生まれの元校長先生が参加してくれました。その自己紹介は「棚田のにおいが呼んでいるので参加しました」。 中島先生もこの大先輩に刺激されたのかもしれません。


Iketani_08_09_28Combine.JPG
私たちが帰路に着くころコンバインがうごきだしました。



Down160.JPG
今年は、なぜか稲の倒れた水田が目につきます。 帰りに見た六日町の平地の水田もあちこちで倒れており、コンバインが使えそうにもありません。(kamy)


【関連サイト】
十日町市地域おこし実行委員会http://www.iketani.org/page_1189132130994.html

                        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!


棚田ネットワークHPはこちら

posted by tanadanetwork at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年10月07日

池谷アルバムから(1)

今年からスタートした池谷プロジェクトも、体験棚田稲刈りツアーで一段落。

池谷の農家のみなさん、稲刈り真っ最中の忙しい中、ご指導ありがとうございました。(kamy) 

TokyoUniv18.JPG
            【明るい東農大生たち、いでたちもも働きも一流です。】


Practice30.JPG
【稲刈りで一番難しいのが、束ねること。 腰から取った藁でくるっと巻き、稲束を空中で一回転させてから親指で差し込めば完了なんですけど・・・インストラクター役の農家の方が熱心に教えてくれるんですが、なかなか出来ません。 Hayashiさんもお手本にじっくり見入っています。 初参加組は、自分が束ねた稲束をハザに掛ける時ばらばらに分解しないかハラハラドキドキ。 ハザの3段目まで投げ上げげても全員分異常なし!  とりあえず稲刈り初級コース全員合格!!】

IketaniL00[1].jpg
【やっとハサ掛け終了。 来年はもっと腕を磨きます。 写真は一部永瀬オンラインアアルバムから】

                        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!




棚田ネットワークHPはこちら


posted by tanadanetwork at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年10月05日

負けるな!

◆昨日は、長野県の千曲ッ子さんが、イノシシとサルの被害についてリポートしてくれました。
猿の被害は今回初めて知りました。

◆稲刈り体験の行われた十日町市・池谷地区では、田んぼのまわりにフェンスはありませんでした。
イノシシの出没は無いのかな?

このことを地元の方に、聞こうと思っていましたが、稲刈りに夢中で、ついに聞きもらしてしまいました。

ここ池谷では、イノシシに代わってタヌキの襲撃に困っているとのこと。
平気で庭先まで餌をもとめてやってくるそうです。
下の写真は、参加者が撮影したタヌキです。 一見愛くるしい顔をしていますが、手に負えない暴れん坊です。

◆もう一枚の写真は、群馬の棚田。
ここで、チョットこわ〜い・・・話です。
 
写真のようにネットを張ってもイノシシは、突破してくるそうで、やむなく、稲刈り間近には交替で、夜間見回りを実施するそうです。
これが一番効果があるようです。

地主のアベさんが教えてくれました。
いつものように深夜に車で、みまわりに行くと山際で何やらガサガサ。
真っ暗な田んぼ、車を降りてイノシシを追い払おうとしたら異様な臭い。
ライトで照らしたら、なんと
クマ だ!
車に戻り一目散で退散!

命がけの収穫時期です。(kamy)

Raccoon dog.jpg

FenceMoro002.JPG


                        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!




棚田ネットワークHPはこちら






posted by tanadanetwork at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年10月02日

池谷というところ W

<峠越えのハイキング>

◇今回は、まだ9月というのに秋の気配に満ちた池谷【写真】でした。
6_IMG_0024.JPG
                         

◇池谷集落は標高250mから300mまで距離にして800mほどの間に点在しています。さらに同じ高差・距離を上った分校跡の宿泊施設が集落の終点ですが、今回はその先の峠を越えて入山経由で歩いて帰ることにしていましたが、それを聞いて中島代表も同行されることになりました。
7_IMG_0128.JPG
                    【写真 峠で池谷を振り返る】


◇北面の明るい池谷に対し、峠の南面は杉の生い茂る暗い斜面になりますが、ほどなく廃村となった入山の住居跡が見えてくると、樹林帯が終わって明るい気持ちのいい沢沿いの道になってきました。
8_IMG_0132.JPG
                    【写真 気持ちのいいススキの山道】

◇このコースは、ほくほく線の新座駅までゆっくり歩いて2時間足らずの下りで、皆さんにもお薦めしたい良いコースでした。(事務局 e-sagan )

 

                        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!


棚田ネットワークHPはこちら






posted by tanadanetwork at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年10月01日

池谷というところ V

池谷プロジェクト最終回の稲刈りに行ってきました。

詳細はKamyさんから紹介してもらうこととして、7月17日につづく池谷散策の第三弾です。

<ブナ林への道三態 春・夏・秋>
これまでは、春の名残りの5月の田植えと緑したたる7月の草刈りでしたが、収穫の秋もまた風情のある美しい山村です。

1_08.5_016.jpg 2_IMG_0049.JPG 3_IMG_0046.JPG
     【 晩春の道 】          【 夏の道 】           【 秋の道 】


◇池谷の朝はいつも谷間から朝霧が立ちのぼり、流れては消え去る様子が絵を見るようにきれいです。黄金色に実って頭を垂れている筈でしたが、風雨に倒れてしまった稲穂を背景にスミレに似たきれいな花が咲いていました。
4_IMG_0038.JPG
                          【写真C】


◇この道には池谷自慢の冷たくてとても美味しい湧き水の飲み場がありますが、誰が立てたのでしょう?前回なかった可愛い案内板が立っています。
5_IMG_0042.JPG
                         【写真D】
<明日は峠越えのコースを案内します> (事務局 e-sagan )


                        にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!


棚田ネットワークHPはこちら






posted by tanadanetwork at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年07月17日

(続)池谷というところ

さて、一昨日の 「草刈りに行ってきました」 の続きです。

草刈りの作業が小一時間で終わったため、リーダーで十日町市地域おこし実行委員会・事務局長の高橋さんが皆を 『ブナの原生林』 へ案内してくれることになりました。

集落の入口には、『実るいけだん』 『かくら』 『三椿』と 『ブナの原生林』の案内道標が立っています。 (そうそう、妻は三椿で蝉を象ったきれいな小石を買いました)

左に田圃や畑を見ながらなだらかな坂道を歩いていると、後ろから車で追いかけて来た人がいます。
実行委員会代表の山本さんが、池谷入山地区への移住第一号という画家のその名も稲田さんと一緒に合流してくれました。

山本さんは歩きながら樹や山草山菜の名前や解説をしてくれます。移住8年目の稲田さんもなかなかの物知りです。
ゆっくり歩いて30分ほどでブナ林に到着しました。
まだ若いブナ林のようですが、大きいのは直径50cm程もあって気持のいい森林浴です。

iketani_0807_6.jpg
                    【ブナ林の真ん中で】


ブナ林の中でゆっくり散策していると、山本さんの携帯電話が鳴りました。「もうお昼の用意ができてるゾー」とでも言われたのでしょう。 「ハイ、これから帰ります」

引き返していると、庭野さんが軽トラックに乗ってお出迎えです。荷台に6人ほど乗って「アー楽ちん!」で、魚沼コシヒカリのおにぎりが待つ集会所へ無事に到着。

おにぎりと具だくさんの味噌汁、キュウリとナスの漬物に採れたてトマトの昼食に舌鼓を打ったあとは、全員の自己紹介でお開きとなりました。    (事務局 e-sagan )

iketani_0807_7.jpg
                  【実るいけだんで昼食】

もっと写真を見る     

                            
にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!

棚田ネットワークHPはこちら     

posted by tanadanetwork at 09:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 池谷プロジェクト

2008年07月16日

池谷というところ

7月12日上野発12:18、越後湯沢乗換えで十日町着13:59
十日町駅から民宿『かくら』の迎えの車に乗って20分、緑濃い山あいの谷間に広がる池谷の集落には、現住の戸数六軒と予約が入ったときだけ開く民宿が一軒。
そして集会所『実るいけだん』、ボランティアの宿泊施設『山の学び舎』が点在しています。【写真1】
iketani_0807_1.jpg
  【写真1:集落中心部】

その日は、集落の入り口にある民宿から最奥にある学び舎を通り過ぎて峠まで、20〜30分の勾配は緩いけれど曲がりくねった坂道を歩いてみました。
翌日、大久保君が颯爽とバイクで下ってくることになった道路です。

峠は、池谷集落の最奥を取り囲む山の稜線を切通して山の向こう側の入山地区経由で十日町へと続いていますが、左右の稜線に小道が通る十字路になっています。
そこで、右の小道を送電線の鉄塔まで数分歩いていくと、驚いたことに道を左右に切り裂く亀裂が走っていて、その先は30cm程の断層になっていました。
この地方の山を歩くと方々で見かける、4年前の中越地震の爪跡だそうです。【写真2】
iketani_0807_2.jpg
  【写真2:稜線の亀裂】

峠に戻って入山側を見ると、なにやら立派な石碑が建っています。
漢文体でよく分かりませんが、「夫道以・・・明治四十四年議決・・・争議氷解・・・計費万餘金・・・維時大正」などの文字が読み取れて、道路建設の経緯が記されているようです。【写真3】 【写真4】

峠から下ろうとして、左手の池谷側の谷間を見たら深い木立に囲まれた水面を発見しました。
池のある谷? これが池谷の地名の由来かな、と思いましたがどうでしょう。【写真5】
iketani_0807_3.jpg iketani_0807_4.jpg iketani_0807_5].jpg
【写真3:道路記念碑】  【写真4:記念碑から峠へ】   【写真5:峠付近から見た池】

                               <続く> (事務局 e-sagan )


にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!

棚田ネットワークHPはこちら     

posted by tanadanetwork at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年07月15日

草刈に行ってきました

7月13日の池谷は、前日の今にも降りそうな曇天がうそのように晴れ上がって、空気まで緑に染まるような天気になりました。

前日の松之山新田から自転車で来るという大学四年の大久保君を除いて9時半過ぎには5人全員集合。

田圃を提供してくれている庭野さんによると、田植えの前に一回、後に二回の草刈と9日に一袋と10日に別の一袋の施肥がしてあるとのこと。お蔭で、ほんの二、三本ずつ植えた苗が十倍位に増えて、もう4〜50pほどにもスクスクと育っています。【写真1】

さて予定の10時頃、予想に反して分校跡の「学び舎」のほうから大久保君がマウンテンバイクで下ってくるではありませんか。
道を尋ねながら峠越えをしてきたとのこと。 皆、その若さには脱帽でした。【写真2:右端の建物が「学び舎」】

さっそく草刈りを始めましたが、庭野さんの手入れの良さもあって小一時間で作業は完了。【写真3:田植えイベントのあと入会の渡部さん】

IMG_0001_2.JPG IMG_0021_2.JPG IMG_0036_2.JPG
       【写真1】             【写真2】               【写真3】

IMG_0042_2.JPG
             【写真4 作業後、池谷四人娘と記念写真】

休憩のあとは、お昼まで皆で「ブナの原生林」まで散策することになりました。(続く)

                                 (事務局 e-sagan ) 右から読むと



にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ  人気ブログランキングへ ←毎日1回づつクリックしてね!

棚田ネットワークHPはこちら     


posted by tanadanetwork at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年06月16日

池谷「草刈り」アップしました

◆池谷米づくり体験コースの第2弾「草刈り」をホームページにアップしました。7月13日(日)。参加者募集中!くわしくはこちら
iketani_nagase2.jpg
5月に植えた苗はどうなったかな?<写真:永瀬孝氏提供>

◆同じ週の7月12日(土)〜13日(日)には、十日町市松代棚田で【蛍の夕べ・田の草取り・草刈り】が行われます。ホタルを観ながらのバーベキューも期待できそうです。
こちらのイベントについてのお問い合わせ先:グリーンハウス里美(tel 025-596-3492)へ

棚田ネットワークHPはこちら(kamy)
posted by tanadanetwork at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年05月29日

池谷田植え風景

池谷田植え

5月18日に行われた新潟県十日町市池谷の棚田での「稲作り体験“田植え”」は、素晴らしい天候の中、多くの参加者でにぎわいました。

ご家族連れもあり、普段静かな池谷の田んぼに子供の声が轟くことに、集落の方々は大喜びでした。
370uの棚田を、20人程で昔ながらの手植え。
大人も子供も泥んこまみれで、田植えに熱中しました。(事務局kuwa)

池谷田植え 子供 池谷田植え 大人 池谷田植え 親子

--------------------------------------------------------------------------
※次回「池谷棚田 稲作り体験」は7月13日に“草刈り”が予定されています。今回ご参加になった方も、今回ご参加になれなかった方も、ぜひ池谷にいらっしゃってください!
--------------------------------------------------------------------------
【関連記事】
棚田の里「池谷」に到着
池谷〜復興から活性化へ
池谷の人達は元気だ!
☆☆☆
棚田ネットワークHPはこちらへ⇒http://www.tanada.or.jp/
posted by tanadanetwork at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年05月26日

池谷の人達は元気だ!

池谷美女軍団

池谷集落の方々は、皆60歳をゆうに越えたおじいちゃん、おばあちゃんのはずが、決してそうは見えない!元気で若々しい!
とにかく、集落に人が来てくれるだけで嬉しいと、私たちの歓迎会の用意や田植えイベントの準備をフットワーク軽く楽しんで行ってくれました。

田植えの解説をする坂之上のおじちゃん 苗を植える間隔を付ける橋場のおじちゃん 池谷でとれる魚沼産コシヒカリのおにぎり

池谷の方々が、心を込めて作る魚沼産コシヒカリは、本当に美味しい!おにぎり何個でもいけちゃいます。(事務局kuwa)

■池谷のお米が買えるWebショップ
http://shop.iketani.org/

【関連記事】
棚田の里「池谷」に到着
池谷〜復興から活性化へ
☆☆☆
棚田ネットワークHPはこちらへ⇒http://www.tanada.or.jp/



posted by tanadanetwork at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年05月23日

池谷〜復興から活性化へ

池谷集落は、2004年の中越地震で大きな被害を受けました。その後、NPO法人JENの協力の下多くのボランティアの助けを借りて復興しました。
「災い転じて福となる」という諺がありますが、6世帯しかない村の人々は、この復興を一つのチャンスとして、集落の存続、そして活性化へのチャレンジが始まったのです。

やまのまなびや

ボランティアが寝起きする、旧分校を改築した「やまのまなびや」、大塚商会の会長の寄付により改築された集会所「みのるいけだん」を中心に日々池谷の活性化の取り組みが行われています。

天然石アクセサリー「三椿」 民宿「かくら」 CSR活動のポスター

左写真は6つしかない集落のうちの1つ、名古屋からこの地を気に入り移住し、天然石のアクセサリーのショップを開いている女性のお店「三椿」。中央、集落唯一の民宿「かくら」、棚田を一望できる五右衛門風呂は、ここの名物。右写真は、運搬業とコピーサービスで有名な外資系FedExのCSR活動の告知ポスター。 (事務局kuwa)

【関連記事】
「棚田の里「池谷」に到着」
☆☆☆
棚田ネットワークHPはこちらへ⇒http://www.tanada.or.jp/
posted by tanadanetwork at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト

2008年05月20日

棚田の里「池谷」に到着

新潟県十日町市池谷で5月17日に調査プロジェクト、18日に「稲作り体験“田植え”」が行われました。このブログでも、現地の写真を交えて数回に分けてご紹介させて頂きます。

池谷の棚田

池谷は、ほくほく線「十日町駅」から車で20分程にある6世帯しかない小さな小さな集落です。
山全体が所狭しと棚田に覆われた、まさに「棚田の里」。きれいな空気、美味しい湧き水、ブナの原生林、そして地元の方の純朴さが残る美しい山里でした。

ブナの原生林 美味しい湧き水 朝食の支度をする集落
(事務局kuwa)

☆☆☆
棚田ネットワークHPはこちらへ⇒http://www.tanada.or.jp/
posted by tanadanetwork at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 池谷プロジェクト
Copyright (c) TANADA NETWORK All Rights Reseeved